楽天モバイルのテザリングは無制限だが、注意点も。電波状況も紹介!

この記事は約32分で読めます。

無制限プランがスタートした楽天モバイルですが、はたしてテザリングも無制限でできるのか、気になる方が多いと思います。

結論からいいますと、

楽天モバイルはテザリングは無料、かつ、楽天回線は、ほぼ制限なく使える。しかし、電波状況が噂通り良くないが、予想以上に改善されている。

今回は、楽天モバイルのテザリングを利用するための注意点をわかりやすく解説します。ポケットWiFiいらずの快適インターネット環境を手に入れたい方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

2021年4月8日からスタート
Rakuten UN-LIMIT Ⅵ プラン料金 3ヶ月無料キャンペーン 実施中!
↓   ↓   ↓

まずは、楽天モバイルの電波の基本を確認してみましょう。

楽天モバイルの電波

現在、楽天モバイル対応サービスエリアは、楽天回線エリア+パートナー回線エリア(au)

楽天回線エリア+パートナー回線エリア(au)
主に都市部で使うことが可能
楽天モバイルは、テザリングが「無料」

楽天回線エリアならば、データ使用料は、ほぼ・・・無制限で使えます。

しかし、パートナー回線エリアは、5GBまで使え、それ以降は制限がかかります。

楽天回線エリア→楽天基地局(アンテナ)の電波を利用するエリア
パートナー回線エリア→パートナー(au)基地局の電波を利用するエリア
出典:楽天モバイルHP 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/

しかし、楽天回線エリアは、ほぼ・・・無制限が、注意するところです。

そして、パートナー回線エリアは、5GBのデータを使わずに、使える方法があります。

ほぼ「無制限」で利用できるが、注意することが⁉

テザリング制限
出典:楽天モバイル よくある質問

楽天モバイル側の回答としては、「他のお客様への公平なサービス提供に支障をきたす恐れ」がある場合に行うとあります。

そのため、ほぼ・・・無制限と説明しました。

さまざまなブログでは、「1日10GBで制限」とありますが、公式なものでないため、何とも言えませんが、この程度は使える目安になります。

1日10GBだと、スマホで動画を10時間近く見ることは可能な量です。
※1時間あたりにかかるデータ量、スマホ(480pか720p):1017.6MB

なので、テザリング活用としては、問題なく使えるとなるでしょう。

では、楽天回線エリア以外のパートナー回線エリアでは、制限をかからずに使える方法はどのようなやり方でしょうか。

パートナー回線エリアは、高速モードをOFFに

現在、パートナー回線エリアは、auの電波塔の電波を使うことができます。

では、パートナー回線エリアを制限なくに使える方法とは、パートナー回線エリアならば

常時、高速モードをOFFにすることです。

高速モードをOFFって意味がわかりませんよね。

高速モードをOFFって意味は、「アプリで『my 楽天モバイル』で高速モードをOFFにすること」です。

「アプリ『my 楽天モバイル』で高速モードをOFFにすること」は、画面をみながら説明します。

①まずは、『my 楽天モバイル』を立ち上げます。

my 楽天モバイル

②次に、立ち上げた画面で『データ高速モード』が初期状態では、ONの状態となっております。

パートナー回線切り替え

パートナー回線切り替えON

③この赤丸のように、
カーソルを左にするとOFF(灰色だったらオフ【低速】の状態)にします。

パートナー回線切り替え OFF

これを常にOFFだけ(灰色だったらオフ【低速】の状態)で、5GBは使わずに、1Mbpsほどで使うことができます。

切り替えに気を付ければ、ギガ数を残せることが可能です。

この点についても、楽天モバイルのHPで回答しています。

データ高速モードがOFFの場合には、利用可能データ量は消費されません。
出典:楽天モバイル よくある質問 

「データ高速モードがOFFの場合には、利用可能データ量は消費されません。」とありますから、

もし、パートナー回線エリアで速い通信速度で行い時には、

灰色だったらオフ【低速】の状態から、カーソルを右にすると、青色オン【高速】の状態とすれば、高速で使うことが出来ます。

パートナー回線切り替えON

参考ですが、パートナー回線エリアで高速モードをOFFの状態での、栃木県内で行ったスピードテストです(2021年4日15日 栃木県内某所)。

屋内の『my 楽天モバイル・『SPEEDTESTの結果

パートナー回線・屋内

パートナー回線 屋内

屋外のmy 楽天モバイルの結果

 

低速でも、サイト閲覧、電車の乗換え検索、youtubeの低画質ならば、ストレスがあまりなく行うことができるので、この点に注意して使いましょう。

楽天回線エリア➡1日10GB以上使わないように注意
パートナー回線➡常にアプリで『my 楽天モバイル』で高速モードをOFFに注意

データ量については、問題がないことは理解したと思います。

しかし、噂で楽天回線はつながりにくいがあります。

事実、楽天モバイル側も、建物や地下鉄では、電波が弱いと説明しています。

楽天回線は弱いが、今後は期待あり

プラチナバンドの伝播特性
出典:総務省 デジタル変革時代の電波政策懇談会(第2回)
説明資料

楽天モバイル側は、総務省に提出した資料に、図を使い、説明しています。

楽天モバイルは、プラチナバンドを持っていないことから、「建物・地下鉄への電波が弱い」のです。

ということは、テザリング活用は無謀でしょうか。

この点については、総務省に提出の資料に書かれております。

楽天回線エリアの拡大
出典:総務省 デジタル変革時代の電波政策懇談会(第2回)
説明資料

楽天回線エリアは、前倒しで基地局を開設予定でありますから、

そうしますと、総務省認定計画より、人口カバー率が達成され、プラチナバンドの部分も振り分ける口実となり、解決となるでしょう。

2021年4月8日からスタート
Rakuten UN-LIMIT Ⅵ プラン料金 3ヶ月無料キャンペーン 実施中!
↓   ↓   ↓

楽天モバイルの電波状況

楽天モバイル 通信・エリア
出典:楽天モバイル 通信・エリア

では、現在の使用している方の電波状況はどうなのでしょうか。

楽天モバイルの通信・エリアとTwitterを使い、楽天モバイルの電波状況を調べてみました。

東京ならば、東京23区・東京23区外でどのように違いがあるのでしょうか。

東京23区、23区外の電波状況

東京23区、23区外の電波状況はどうなのでしょうか。

~東京23区~

東京23区
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

現在は、23区は楽天回線エリアとなっていますが、

建物・地下鉄は弱いとのTwitterで多くのツイートがみられました。

~東京23区外~

東京23区外
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

東京23区外は、23区に比べたら、パートナー回線エリアが多く占めています。

東京23区と同様に地下・建物が弱いとのTwitterでのツイートがありました。

結論:東京23区は、建物・地下鉄は弱いが使える。テザリング活用はできる。
しかし、23区外は、パートナー回線エリアが使えるが、楽天回線エリアはまだ壊滅的状況。

東京23区、23区外は理解できましたが、

詳しく東京23区別の電波状況が知りたい方は、楽モバイルの記事がございますので、ご確認ください。

楽天モバイルの電波状況(千代田・中央区・港区・新宿区・渋谷区・文京区・豊島区)
〇都心(千代田・中央区・港区)の電波状況
→千代田はテザリング〇だが、秋葉原駅ではテザリングは△
〇副都心(新宿区・渋谷区・文京区・豊島区)の電波状況
→新宿区は新宿駅は建物・地下鉄は✖。新宿駅以外はテザリング〇
北区・板橋区・練馬区・中野区・杉並区・世田谷区・品川区・目黒区・大田区
〇品川区・目黒区→テザリング活用△
〇中野区・杉並区→テザリング活用〇
江東区・墨田区・台東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区
○江東区・有明・豊洲、足立区・北千住駅、葛飾区→テザリング〇
○墨田区、台東区→テザリング✖、建物・地下鉄✖
○東京23区のネットの速さランキング

東京都以外の主要都市はどうでしょうか。

では、福岡市から確認していきましょう。

福岡市の電波状況

福岡市の電波状況
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

福岡市ですが、博多中心に楽天回線エリアだが、それ以外はパートナー回線エリアが広がっています。

Twitterでも、楽天回線は使えないというツイッターも多くありました。

福岡市の博多ならば、パートナー回線エリアならば問題ないようですね。建物・地下鉄は電波が弱い。

福岡市が分かったところで、九州各地の電波状況を調べましたので、行く際の参考にしてみてください。

九州各地の電波状況
佐賀県➡パートナー回線のテザリング〇
大分県➡電波状況が弱く、テザリング△(しかし、大分市はテザリング〇)

広島市の電波状況

広島市の電波状況
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

広島市は、パートナー回線エリアがほとんどを占め、楽天回線が少ないのが現状です。

Twitterでも、パートナー回線となることのツイートがみうけられました。

広島市も使えるが、パートナーエリアだけ。
ツイートが多かったのは、建物・地下鉄は電波が弱いのが目立ちました。

広島市が分かったところで、広島市の中国地方、四国各地の電波状況を調べましたので、行く際の参考にしてみてください。

中国地方の各県の電波状況
鳥取県➡遅くなる時間帯:昼・夕方(鳥取市は昼)
島根県➡遅くなる時間帯:夜、深夜(松江市も同様)
四国の各県の電波状況
徳島県➡遅くなる時間帯:朝・夜・深夜(徳島市は夕方)
香川県➡遅くなる時間帯:朝

神戸市の電波状況

出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

神戸市は楽天回線エリアが少なく感じますが、

Twitterでは、楽天回線エリアが快適であるとのツイートが多いという不可思議な状況です。

神戸市は快適なツイートが多かったですね。神戸市にお住いのならば、テザリングはあり。

大阪市の電波状況

大阪市の電波状況
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

大阪市は、楽天回線エリアがほぼ占めていますが、

Twitterでは、使えないとのツイートが多くみうけられました。

ローミングの打ち切りで、使えない箇所が多くあり、テザリング活用×

京都市の電波状況

京都市の電波状況
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

京都市は、楽天回線エリアとパートナー回線エリアが半々です。

Twitterでは、パートナー回線しか使えないツイートが多くみうけられました。

京都市はパートナー回線が機能していて、楽天回線は壊滅的なツイートが多くありました。

神戸・大阪・京都の電波状況がわかったところで、関西エリアを調べた記事を書きましたので、こちらも参考にしてみてください。

関西ではつながるのか?!口コミ・スピード測定より徹底調査!
大阪府➡テザリング◎(パートナー回線が一部ないが、改善の傾向あり)
三重県・滋賀県・京都府・兵庫県➡テザリング〇(遅い時間があるが、問題なし)
奈良県・和歌山県➡テザリング△(和歌山県の回線は発展途上中、今後に期待)

名古屋市の電波状況

名古屋市の電波状況
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

名古屋市は楽天回線エリアがほとんどであるが、建物・地下鉄に弱いツイートが多くみうけられました。

名古屋市は、名古屋駅付近が使えないツイートが目立ちました。

中部エリアの大都市の名古屋市は理解できたかと思います。

しかし、名古屋以外の中部エリアも知っておかないと、楽天モバイルが使えるかどうか、疑問が残るのではないでしょうか。

楽モバイルは、中部エリアで楽天モバイルが使えるかをまとめましたので、こちらもチェックしてみてください。

中部エリアで、楽天モバイルを使うならば、パートナー回線と裏技で解決!
新潟県・富山県・石川県・福井県➡テザリング△
山梨県・長野県・岐阜県・静岡県➡テザリング○
愛知県➡テザリング◎(名古屋市は全ての時間の上り・下りで2桁)

横浜市の電波状況

横浜市の電波状況
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

横浜市は、楽天回線エリアがほぼ占めているが、建物・地下鉄に弱いのが顕著にでて、Twitterでは、多くがパートナー回線になるとのツイートが多くみうけられました。

横浜市は、建物・地下鉄は電波が弱いはツイートが多い。

仙台市の電波状況

仙台市の電波状況
出典:楽天モバイル 通信・エリア https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/map.html

仙台市は、パートナー回線が楽天回線エリアより、やや広い状況です。

Twitterでは、建物・地下鉄に弱いとのツイートが多くみうけられました。

仙台市も地下鉄は電波が弱いツイートが多い。

札幌市の電波状況

札幌市の電波状況

札幌市は、楽天回線エリアがほぼ占めていますが、

Twitterでは、建物・地下鉄に弱いとのツイートが多くみうけられました。

札幌市は、地下鉄は電波が弱いのツイートがありました。

東京都・主要都市の電波状況のまとめ

東京23区建物・地下鉄は弱いが使え、テザリング活用〇
東京23区外・福岡市・広島市・横浜市・仙台市・札幌市
建物・地下鉄は電波が弱いのツイートがため、パートナー回線でテザリング活用〇
神戸市快適なツイートが多く、テザリング活用〇
京都市パートナー回線が機能してるが、楽天回線は壊滅的。パートナー回線でテザリング活用〇
名古屋市名古屋駅付近で使えない、それ以外でテザリング活用〇
大阪市ローミングの打ち切りで、使えない箇所が多くあり、テザリング活用×

建物・地下鉄が弱いとのツイートが多いから、総務省に提出の楽天モバイル資料での説明通り、
プラチナバンドで再配分で大いに改善しますね。

また、大阪市もプラチナバンドが取得できれば、大躍進できるでしょう。

電波状況は理解していただけたと思いますが、では、楽天モバイルのプランも確認しておきましょう。

楽天モバイルのプラン

出典:楽天モバイルHP Rakuten UN-LIMIT  VI(料金プラン)

楽天モバイルのプランの概要は以下のとおりです。

現在、楽天モバイルのプラン『Rakute UN-LIMIT Ⅴ』が2021年4月1日から変わりました。
『Rakute UN-LIMIT Ⅴ』➡『Rakute UN-LIMIT VI』
このプランも、4Gも5Gも使えるプランです(5Gの範囲は狭い)

そして、大きく変わったところは、毎月のデータ利用料でプラン料金が変更となっています。

楽天モバイルのプラン
参考:楽天モバイルHP 「Rakuten UN-LIMIT VI」と「Rakuten UN-LIMIT V」との比較

そして、一番に驚くところが、1GBまでならば、プラン料金が0円。

料金プラン以外は、『Rakute UN-LIMIT Ⅴ』と、全く変わりません。

楽天回線エリアならばほぼデータ使い放題
パートナー回線エリアで高速で5GB、低速ならば無制限で使える
Rakuten Linkならば、無料で電話かけ放題
プラン料金2980円が3ヶ月無料キャンペーン実施中(終了未定)!

今なら、端末購入でポイントがもらえ、端末代が相殺される端末があります。

この中で、端末購入でポイントがもらえるとあるが、注意が必要です!!!

「Rakuten UN-LIMIT V」お申し込みの翌月末日23:59までにRakute Link」アプリで
「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話が必要です。
「Rakuten Link」を用いたメッセージ送信の1回以上の利用
両方の利用が必要です。
6/1より、変更となっています。
引用:楽天ポイントHP『Rakuten UN-LIMIT VIお申し込みキャンペーン 最大27,000円相当分をポイント還元』https://network.mobile.rakuten.co.jp/campaign/start-point/?l-id=product_carousel_start-point

Rakute Linkって何?

Rakuten Linkアプリとは?
無料通話、無料SMS、グループチャットに、ニュースの閲覧やお支払い機能が加わった、楽天モバイルオリジナルの次世代メッセージサービスアプリ。

引用:楽天モバイルHP Rakuten UN-LIMIT V(料金プラン)https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/un-limit/?l-id=gnavi_fee_un-limit

その『Rakute Link』のアプリを、App StoreやGoogle Playからダウンロードしていただき、使うことができます。

『Rakute Link』のアプリで、
「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話を行うと、キャンペーンが適用されます。

しかし、キャンペーンが適用されても、メッセージとして、特にメールや通知は来ませんから、
一回だけでなく、何度も使うことをおすすめします。

では、今、端末購入額を相殺できる、楽天ポイントがもらえる端末はどのくらいあるのでしょうか。

端末購入額をポイントで相殺できる端末は?

最大25000ポイント還元キャンペーン
出典:楽天モバイルHP Rakuten UN-LIMIT Vお申し込みキャンペーン 最大25,000円相当分をポイント還元

現在は、対象は2つのみとなっています(最大25,000ポイント還元

Rakuten Hand Rakuten Mini
出典:楽天モバイルHP 製品一覧

現在、楽天モバイルの人気が過熱しており、在庫なしでしたが、

Rakuten Handの在庫が復活しましたが、現在は在庫なし(4月20日)。

端末購入の負担が少ないのは、OPPO A73』と『Xperia Ace』で、1点のみです。

OPPO A73 Xperia Ace
出典:楽天モバイルHP 

また、モバイルルーターという検討をしてみてはいかがでしょうか。

いまなら、Rakuten WiFi Pocketが負担0円かつ、楽天ポイントが5,000ポイントを還元キャンペーン中です。

Rakuten WiFi Pocketだれでも0円お試しキャンペーン
出典:楽天モバイルHP Rakuten WiFi Pocketだれでも0円お試しキャンペーン

ちょっと手間ではありますが、アンケートに答えるが追加となっています。

以下のことを行なえば、キャンペーン適用となり、損することなく、手に入れることが可能です。

①アンケートに答えること。
②『Rakute Link』アプリをダウンロードし、
「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話
「Rakuten Link」を用いたメッセージ送信の1回以上の利用
両方を行うと、キャンペーンが適用されます。
モバイルルーターについては、アプリのダウンロードは必要はありません。

楽天モバイルの中で説明してありますが、小さな字で記載されており、間違いやすい点です。

Rakuten Mobile WiFi

楽モバイルでもこちらを見落としておりました。

これ以外は端末負担が大きいですから、この中から選ぶことをおすすめします。

Rakuten Hand』の負担額
購入金額20,000円(税込)で購入でき、ポイント還元で24,999楽天ポイントがもらえますから、端末の負担金額:20,000円ー24,999=プラス 4,999円

Rakuten WiFi Pocket』の負担額
購入金額0円(税込)で購入でき、ポイント還元で5,000楽天ポイントがもらえますから、端末の負担金額:0円ー5,000=プラス 5,000円

OPPO A73』の負担額
購入金額30,800円(税込)で購入でき、ポイント還元で25,000楽天ポイントがもらえますから、端末の負担金額:30,800円ー25,000=実質負担 5,800円

Xperia Ace』の負担額
購入金額29,800円(税込)で購入でき、ポイント還元で20,000楽天ポイントがもらえますから、端末の負担金額:29,800円ー20,000=実質負担 9,800円

楽天モバイルの端末の在庫情報を参考にしてみてください(2021年6月3日12時50分時点)。

赤のアンダーは値下がり青のアンダーは値上がりを示しています(2021年3月10日との比較)。

端末名価格(税込)実質価格(税込)還元キャンペーン
(6/11 8:59まで)
在庫状況
Rakuten BIG s50,980円45,980円43,980円ホワイト:在庫○
クリムゾンレッド:在庫○
ブラック:発売〇
Rakuten WiFi Pocket1円-5,000円-7,000円在庫切れ
Aterm MP02LN13,800円8,800円6,800円〇(全色在庫あり)
Aterm MR05LN RW23,800円18,800円16,800円在庫切れ
Rakuten Hand20,000円-4,999円-6,999円在庫切れ
Rakuten Mini1円-4,999円-6,999円在庫切れ
Rakuten BIG64,980円24,800円22,800円〇(全色在庫あり)
OPPO A7330,800円5,800円3,800円〇(全色在庫あり)
OPPO Reno3 A39,800円14,800円12,800円〇(全色在庫あり)
HUAWEI nova 5T59,800円54,800円52,800円在庫切れ
OPPO A5 202022,020円12,020円10,020円在庫切れ
OPPO Reno A 128GB38,800円28,800円26,800円在庫切れ
AQUOS sense3 lite25,980円15,980円13,980円在庫切れ
AQUOS sense3 plus37,980円12,980円10,980円在庫切れ
AQUOS R5G128,800円108,800円106,800円在庫切れ
arrows RX20,000円10,000円8,000円在庫切れ
AQUOS sense4 lite32,800円17,800円15,800円〇(全色在庫あり)
AQUOS sense4 plus43,800円38,800円36,800円〇(全色在庫あり)
Galaxy Note10+76,980円56,980円54,980円在庫切れ
Xperia Ace29,800円9,800円7,800円在庫切れ
Galaxy A718,700円8,700円6,700円在庫切れ
Galaxy S1071,980円51,980円49,980円在庫切れ

在庫切れを省き、実質価格順に並べた表を掲載しておきますので、参考にしてみて下さい。

端末名価格(税込)実質価格(税込)還元キャンペーン
(6/11 8:59まで)
在庫状況
OPPO A7330,800円5,800円3,800円〇(全色在庫あり)
Aterm MP02LN(モバイルルーター)13,800円8,800円6,800円〇(全色在庫あり)
OPPO Reno3 A39,800円14,800円12,800円〇(全色在庫あり)
AQUOS sense4 lite32,800円17,800円15,800円〇(全色在庫あり)
Rakuten BIG64,980円24,800円22,800円〇(全色在庫あり)
AQUOS sense4 plus43,800円38,800円36,800円〇(全色在庫あり)
Rakuten BIG s50,980円45,980円43,980円○(全色在庫あり)

また、価格以外の情報で決めたい方向けに、楽天モバイルの人気ランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか(引用:価格.com 楽天モバイルのスマートフォン 人気・注目ランキング)。

順位端末名価格(税込)実質価格(税込)還元キャンペーン
(6/11 8:59まで)
在庫状況
1OPPO Reno3 A39,800円14,800円12,800円〇(全色在庫あり)
2AQUOS sense4 lite32,800円17,800円15,800円〇(全色在庫あり)
3OPPO A7330,800円5,800円3,800円〇(全色在庫あり)
4AQUOS sense4 plus43,800円38,800円36,800円〇(全色復活)
5Rakuten BIG64,980円24,800円22,800円〇(全色在庫あり)
6Rakuten BIG s50,980円45,980円43,980円○(全色在庫あり)

価格ドットコムより、さまざまな視点、個人の口コミから選ばれたものとなっております。

現在、在庫があるものだけを表示していますので、安心して選んでみてください。

また、現在、発表されているiPhoneの在庫状況も掲載いたします。

製品価格(税込)実質価格(税込)還元キャンペーン
(6/11 8:59まで)
グラファイトシルバーゴールドパシフィックブルー
iPhone 12Pro Max(128GB)141,700円121,700円119,700円
iPhone 12Pro Max(256GB)155,050円135,050円133,050円
iPhone 12Pro Max(512GB)181,440円161,440円159,440円
iPhone 12Pro(128GB)127,395円107,395円105,395円
iPhone 12Pro(256GB)140,650円120,650円118,650円
iPhone 12Pro(512GB)168,070円148,070円146,070円
製品価格(税込)実質価格(税込)還元キャンペーン
(6/11 8:59まで)
ホワイトブルーブラックパープルグリーン(PRODUCT)RED
iPhone 12(64GB)101,176円81,176円79,176円
iPhone 12(128GB)108,160円88,160円86,160円
iPhone 12(256GB)122,335円102,335円100,335円
iPhone 12 mini(64GB)87,712円67,712円65,712円
iPhone 12 mini(128GB)95,140円75,140円73,140円
iPhone 12 mini(256GB)109,205円89,205円87,205円
iPhone SE(64GB)55,170円35,170円33,170円
iPhone SE(128GB)61,150円41,150円39,150円
iPhone SE(256GB)75,115円55,115円53,115円

しかし、いまならば、最大25,000ポイント還元から27,000ポイント還元とポイント増量還元キャンペーンを実施しています(2021年6月1日9:00から6月11日8:59)

出典:楽天モバイルHP Rakuten UN-LIMIT VIお申し込みキャンペーン 最大27,000円相当分をポイント還元

全てのスマートフォン・iPhoneが2,000ポイントも増量キャンペーンの対象となっています。

スマートフォン最大25,000ポイント → 最大27,000ポイント還元に
iPhone最大20,000ポイント → 最大22,000ポイント還元に

スマートフォンの最大27,000ポイント還元となるのが、

Rakuten BIG s、OPPO Reno3 A、OPPO A73、AQUOS sense3 plus

となっています。

また、iPhoneは全ての端末が、22,000ポイント還元となりますから、今がチャンスです。

まとめ

楽天回線エリアは、ほぼ「無制限」➡「1日10GBで制限」がある
※10GBならば、スマホで動画を10時間近く見ることは可能な量
パートナー回線エリアは、常時、高速モードをOFFにし、低速モードが制限なし
楽天モバイルの電波は、建物・地下鉄に弱い。
プラチナバンドの再振分で可能性大。←楽天エリア回線の人口カバー率の前倒し。
東京23区楽天回線は、建物・地下鉄は弱いが使え、テザリング活用〇
神戸市快適なツイートが多く、テザリング活用〇
東京23区外・福岡市・広島市・大阪市・京都市・名古屋市・横浜市・仙台市・札幌市
パートナー回線でテザリング活用〇
大阪市➡ローミングの打ち切りで、使えない箇所が多くあり、テザリング活用×
Rakuten Hand→プラス4,999ポイント在庫なし(2021年6月3日)
OPPO A73  全色復活(2021年6月3日)
Rakuten WiFi Pocket → プラス5,000ポイント在庫なし(2021年6月3日

楽天モバイルは、楽天回線エリアならば、制限がありますが、テザリングとして十分に使えます。

しかし、パートナーエリアならば、低速モードで、動画も低いものに変えれば、使えるでしょう。

最後に

現在、楽天モバイルは『ZERO宣言』を行っております。

ZERO宣言
出典:楽天モバイルHP ゼロ宣言 https://network.mobile.rakuten.co.jp/fee/zero//?l-id=plan_zero_2

もし、あなたが楽天モバイルを契約する時は、ZERO宣言より事務手数料を0円で契約できます。

また、楽天モバイルが合わなくても、いつでもMNP転出手数料・契約解除料0円で解約が可能です。

4月8日に、3ヶ月間の料金が無料になるキャンペーンが発表されました。

現在、在庫状況や人気ランキングを参考に、ぜひ、楽天モバイルを申し込みを検討してみてください。

申し込み際にお得に申し込んでいただきたくて、楽モバイルは楽天モバイルの申し込み方法を記事にしております。

楽天モバイルの申し込み方法は意外に簡単!事前準備、注意点を徹底解説!
・事前準備について、表にまとめ、わかりやすく説明
・申込みは4ステップで完了するような多くの申し込み画面を使い、分かりやすく解説
・申込む際に知っていただきたい、知らないと損する最大7,600ポイント
・楽天モバイルはiPhoneのどの機種まで使えるか など

楽天回線エリアならば、1日10GBに気を付け、パートナーエリアならば、低速モードでにすることを忘れなければ、テザリング活用はできるはずです。

2021年4月8日からスタート
Rakuten UN-LIMIT Ⅵ プラン料金 3ヶ月無料キャンペーン 実施中!
↓   ↓   ↓

コメント

2021年4月8日からスタート!Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
楽天モバイル・3ヶ月無料キャンペーンはこちら
タイトルとURLをコピーしました