楽天モバイル、iPhone13を発売!注意点・お得に申込む方法を徹底解説!

楽天モバイル、iPhoneを発売!注意点・お得に申込む方法を徹底解説!
この記事は約16分で読めます。

楽天モバイルから『楽天モバイルでiPhone13を販売する』という内容で、衝撃を与えました。

iPhoneを購入し、楽天モバイルに申込みするならば、なるべくお得に、しかも納得して、申込みをしたいと考えているはずです。

当ブログ『楽モバ』は、楽天モバイルの注意点や電波状況、申込む前にやるべきエントリーをお伝えします。

発売される予定のiPhone価格は本当に安いのか?
若干安いが、ポイント還元で2万円以上の差に
楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムってお得なの?
毎回、新しいiPhoneに買い替えている人向けに、お得?
楽天モバイルの料金プラン
データ利用量で決まる・1日10GB制限・パートナー回線は常にOFF
日本全国の電波状況
東京都内・主要都市は楽天回線が使えるが、その他はパートナー回線活用
楽天モバイルを安く抑えたい方や楽天回線に不安な方
楽天モバイル✖IIJmioの2回線使いで解決
iPhoneに申込む前に必須のエントリー
最大9,600ポイント+αも変わってくる

ぜひ、この記事を参考にしていただき、ベストな状態でiPhoneを申込みを行いましょう!


Rakuten UN-LIMIT Ⅵ プラン料金 3ヶ月無料キャンペーン 実施中!
↓   ↓   ↓

発売される予定のiPhone価格は本当に安いのか?


出典:楽天モバイルHP

楽天モバイルは、予約が4月23日21時に開始され、販売が4月30日からスタートしました。

そして、iPhone13の販売の予約が9月17日21時に開始され。販売が9月24日午前8時よりスタートします。

楽天モバイルのiPhoneの販売価格は、大手キャリアと比べて、安いのでしょうか。

今回、発売される全てのiPhoneと大手キャリア、サブブランドと比べてみた結果がこちらです(黄色のアンダーが一番安く青のアンダーは2番目に安い販売価格)。

製品楽天モバイルdocomoauソフトバンクY!mobileUQmobileOCNモバイル
iPhone 13Pro Max(128GB)134,800円165,528円156,995円157,680円
iPhone 13Pro(128GB)122,800円142,560円143,040円144,000円
iPhone 13(128GB)98,800円111,672円115,020円115,920円
iPhone 13 mini(128GB)86,780円98,208円101,070円101,520円
iPhone 12Pro Max(128GB)122,800円127,395円141,900円151,920円
iPhone 12Pro(128GB)112,800円129,096円127,495円137,520円
iPhone 12(64GB)79,800円101,376円103,430円110,880円92,880円93,390円
iPhone 12 mini(64GB)69,800円87,912円90,065円96,480円78,480円81,290円
iPhone SE(64GB)44,800円57,024円55,270円57,600円39,600円42,900円48,070円

若干安いという結果でしたが、しかしこれは楽天モバイルのポイント還元が入ってない状況となっています。

楽天モバイルでは、ポイント還元で最大20,000ポイントが用意されており、実質価格は2.0万円安くなり、お得です。

現在、発表されているiPhone価格がありましたので、最大20,000ポイント還元を加えると比べてみると、こちらになります。

製品楽天モバイルdocomoauY!mobileUQmobile
iPhone 13Pro Max(128GB)114,800円165,528円156,995円
iPhone 13Pro(128GB)102,800円142,560円143,040円
iPhone 13(128GB)78,800円111,672円115,020円
iPhone 13 mini(128GB)66,780円98,208円101,070円
iPhone 12Pro Max(128GB)102,800円127,395円141,900円
iPhone 12Pro(128GB)92,800円129,096円127,495円
iPhone 12(64GB)59,800円101,376円103,430円92,880円
iPhone 12 mini(64GB)49,800円87,912円90,065円78,480円
iPhone SE(64GB)24,800円57,024円55,270円39,600円42,900円

全ての製品で、楽天モバイルがお得に購入できることが理解できたかと思います。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムってお得なの?

出典:楽天モバイル 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

現在、楽天モバイルは、『楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム』を行っております。

これは、簡単にどのようなものかといいますと、iPhone本体代が半分の負担で済んでしまうサービスになります。

メリット
・iPhone本体代を負担額を半分で済む。
・48回分割払いの24回払いあとは、解約しても、残りの支払いをしなくてよい。
・2万ポイントキャンペーンの対象であり、お得に、iPhoneを手にできる。
デメリット・注意点
・故障・破損したiPhoneとなった場合、22,000円の支払いが発生してしまう。
・48回分割払いは楽天カードのみしか、受け付けていない。
・18歳未満はこのサービスを使うことができない。
・機種変更・解約とも3,300円の事務手数料がかかる。

では、くわしくみていきましょう。

iPhoneアップグレードプログラムのメリット・サービスの仕組み

出典:楽天モバイル 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム

ポイント1、分割払い48回払いで月々の負担を少なくでき、分割手数料はかかりません。

ポイント2、24回分支払ったら、いつでも最新のiPhoneに機種変更できます。

ここが最大のポイント3、返却したiPhoneで残りの24回分の支払いが不要となります。

対象のiPhoneは現在、楽天モバイルで取り扱っている全てのiPhoneとなります。

24回払い後、iPhoneを返却したなら、別のiPhoneに必ず機種変更をする必要はありません。

この点についても、楽天モバイルHPで回答がなされています。

出典:楽天モバイルHP 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム各種お手続き方法

『25カ月目以降に旧製品を当社にご返却いただくことで、解約が可能です。この場合、残債のお支払いは不要・・・。』

しかし、解約には事務手数料として3,300円が必要となりますから、ご承知おきください。

そうなりますと、iPhone半額支払いと事務手数料3,300円で端末を持つことができます

そして、初めてプランの申し込みであれば、2.5万ポイント還元が適用されますので、さらにお得です。

しかし、注意する点がございます。

キャンペーン条件:「Rakuten UN-LIMIT VI」をお申し込みした回線で「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話。プランのお申し込みの翌月末日23:59まで

iPhoneアップグレードプログラム(本体価格48回分割払いの24回分)、事務手数料(3,300円)、ポイント還元(2.5万ポイント)をまとめると、式にしますと、以下のとおりになります。

例: iPhone 13 Pro Maxの実質支払価格
iPhoneアップグレードプログラム + 事務手数料(3,300円) ーポイント還元
➡(134,800円÷48=2,808.333・・・≒2,808×24回分)+3,300円ー20,000ポイント
=45,692円
例: iPhone 12 Pro Maxの実質支払価格
iPhoneアップグレードプログラム + 事務手数料(3,300円) ーポイント還元
➡(122,800円÷48=2,558.333・・・≒2,558×24回分)+3,300円ー20,000ポイント
=44,692円

iPhoneアップグレードプログラム + 事務手数料(3,300円) ーポイント還元を表にまとめました。

製品価格(税込)プログラム半額事務手数料ポイント還元
実質支払価格

2万ポイント還元
iPhone 13 Pro Max(128GB)134,800円67,392円70,692円50,692円
iPhone 13 Pro Max(256GB)146,800円73,392円76,692円56,692円
iPhone 13 Pro Max(512GB)170,800円85,392円88,692円68,692円
iPhone 13 Pro Max(1TB)194,800円97,392円100,692円80,692円
iPhone 13 Pro(128GB)122,800円61,392円64,692円46,692円
iPhone 13 Pro(256GB)134,800円67,392円70,692円50,692円
iPhone 13 Pro(512GB)158,800円79,392円82,692円62,692円
iPhone 13 Pro(1TB)182,800円91,392円94,692円74,692円
製品価格(税込)プログラム半額事務手数料ポイント還元
実質支払価格

2万ポイント還元
iPhone 13(128GB)98,800円49,392円52,692円32,692円
iPhone 13(256GB)110,800円55,392円58,692円38,692円
iPhone 13(512GB)134,800円67,392円70,692円50,692円
iPhone 13 mini(128GB)86,780円43,368円46,668円26,668円
iPhone 13 mini(256GB)98,800円49,392円52,692円32,692円
iPhone 13 mini(512GB)122,800円61,392円64,692円44,692円
製品価格(税込)プログラム半額事務手数料ポイント還元
実質支払価格

2万ポイント還元
iPhone 12Pro Max(128GB)122,800円61,392円64,692円44,692円
iPhone 12Pro Max(256GB)137,800円68,880円72,180円52,180円
iPhone 12Pro Max(512GB)159,800円79,896円83,196円63,196円
iPhone 12Pro(128GB)112,800円56,400円59,700円39,700円
iPhone 12Pro(256GB)122,800円61,392円64,692円44,692円
iPhone 12Pro(512GB)149,800円74,880円78,180円58,180円
製品価格(税込)プログラム半額事務手数料ポイント還元
実質支払価格

2万ポイント還元
iPhone 12(64GB)79,800円39,888円43,188円23,188円
iPhone 12(128GB)84,800円42,384円45,684円25,684円
iPhone 12(256GB)94,800円47,400円50,700円30,700円
iPhone 12 mini(64GB)69,800円34,896円38,196円18,196円
iPhone 12 mini(128GB)74,800円37,392円40,692円20,692円
iPhone 12 mini(256GB)84,800円42,384円45,684円25,684円
iPhone SE(64GB)44,800円22,392円25,692円5,692円
iPhone SE(128GB)49,800円24,888円28,188円8,188円
iPhone SE(256GB)62,800円31,392円34,692円14,692円
参考:楽天モバイルHP

とても安くiPhoneを使うことができますので、お得なのではないでしょうか。

これで、メリット・仕組みについては、理解できたはずです。

では、デメリット・注意点をみてみましょう。

iPhoneアップグレードプログラムのデメリット・注意点

一番のデメリットは、故障・破損したiPhoneとなった場合、22,000円の支払いが発生してしまう点です。

どのような故障・破損を言っているのかいうと、楽天モバイルHPに説明がございます。

出典:楽天モバイル 楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム各種お手続き方法

また、楽天モバイルで保障プランを紹介されていますが、自然保障以外は、別途支払いが発生するため、おすすめできません。

出典:楽天モバイル 故障紛失保証 with AppleCare Services
自然修理以外の費用一覧画面修理そのほかの修理交換品
持ち込み修理3,700円12,900円
配送修理3,700円12,900円
盗難・紛失プラン12,900円
エクスプレス交換サービス(故障)12,900円
引用:楽天モバイルHP 故障紛失保証 with AppleCare Services

故障・破損より、22,000円払わないように、大切に扱うか、iPhoneカバー・iPhone画面保護シールを購入することをおすすめします。

現在、楽天モバイルでは、スマートフォンアクセサリが送料無料キャンペーンを実施しておりますから、のぞいてみてください。

Apple純正アクセサリのケース
Apple関連アクセサリのフィルム


48回払いは楽天カードのみしか、受け付けていない

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムは、楽天カードを持っている方しか、サービスを受けることができません。

持っていない方は新たに楽天カードを作る必要があります。

少し手間ですが、楽天カードを作ると、現在5,000ポイントがもらえるキャンペーンが実施されています。

それ以外にもポイントサイトを経由するともらえるキャンペーンがございますから、これを機会に作ることがよいでしょう。現在、ハピタスで6,000ポイントもらえるキャンペーン実施中

・楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムが実施できるカード→楽天カードのみ
・持っておらず、初めてのカード発行→5,000ポイントがもらえるキャンペーン実施中
・楽天カード発行はポイントサイト→ハピタスで6,000ポイントもらえるキャンペーン実施


18歳未満はこのサービスを使うことができず、機種変更・解約とも3,300円の事務手数料がかかる

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムは、18歳未満は使用することができません。

また、18歳・19歳ならば、申し込みの際に法定代理人同意書の提出が必要となります。

楽天モバイルの法定代理人同意書のダウンロードはこちら

また、楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムは、必ず、3,300円の事務手数料が必要です。

楽天モバイルで手数料がほとんど無料の中で、数少ない事務手数料が発生してしまいます。

しかし、それをカバーできるだけのポイント還元がございますから、必ずエントリーしてください。

デメリット・注意点をまとめますと、

・故障・破損より、22,000円発生する➡Phoneカバー・iPhone画面保護シールで対策
・楽天カードしかサービスが使えない➡ポイントサイト・キャンペーンで楽天カード発行
・18歳はサービスは不可➡18歳・19歳ならば、法定代理人同意書の提出で可能
・3,300円の事務手数料がかかる➡様々なポイント還元でカバー

24回払いして、iPhoneを返し、新たなiPhoneとなりますから、新しいiPhoneを買い替えている方なら、とてもよいサービスとなります。

同じiPhoneを何年も使い続けるユーザーにも、メリットがございます。

2年後も使えるよう大切に使うユーザーであるため、無駄な出費が発生せず、返却できます。

2年後には返却する必要がございますから、新たにiPhoneを用意する際も、同じ機種で中古ならば、安価に購入することができることでしょう。

では、iPhoneのことがわかったところですが、楽天モバイルの電波状況や損しない方法を知らなければ、お得に申込みできません。

まずは、楽天モバイルの料金プランや注意点をお伝えします。

楽天モバイルの料金プラン

楽天回線エリア(ほぼ無制限)+パートナー回線エリア(5GBまで)
楽天回線は、主に都市部で使うことが可能
楽天モバイルは、テザリングが「無料」

では、まず、データ利用量で決まる料金体制を詳しくみてみましょう。

データ利用量で決まる料金体制


出典:楽天モバイルHP

現在の楽天モバイルの料金プランは、データ利用量で変わるプラン『Rakuten UN-LIMIT Ⅵ』となっています。

データ利用量によって、プラン料金が段階的に上がっていきますので、このデータ利用量のカウントに注意が必要です。


出典:楽天モバイルHP

上記の図より、データ利用量は、楽天回線エリアだけでなく、パートナー回線エリア(海外)全てのエリアでカウントされます。

もちろん、高速モードのOFFデータ利用量カウントされますので、ご注意ください。

高速モードとは、パートナー回線のデータ利用量上限が、5GBと決まっております。
しかし、これは高速モードでのデータ利用量のこと。
楽天モバイルのアプリで、低速モードに切り替えられます(ネット速度は最大1Mbps程度に)
しかも、低速モードならば、データ利用量の制限がありません。

高速モードのデータの消費について、楽天モバイル側から説明があります。


出典:楽天モバイルHP

『※パートナー回線エリア(国内・海外)の「データ高速モード」をOFFにすると・・・消費されません』とありますから、

高速モードをOFFならば、5GBは使用していないことは引き続き、変わりません。

この点も知っておかないとお得に使うことはできません。

楽天回線エリアならば、データ利用量は、ほぼ・・・無制限で使えます。

しかし、この楽天回線も注意点があります。

楽天回線エリアは、ほぼ「無制限」で利用できるが、1日10GBで制限⁉

出典:楽天モバイル よくある質問

楽天モバイル側の回答としては、「他のお客様への公平なサービス提供に支障をきたす恐れ」がある場合に制限しますとありますから

そのため、ほぼ・・・無制限と説明しました。

さまざまなブログでは、「1日10GBで制限」とありますが、公式なものでないため、何とも言えませんが、この程度は使える目安になります。

1日10GBだと、スマホで動画を10時間近く見ることは可能な量です
※1時間あたりにかかるデータ量、スマホ(480pか720p):1017.6MB

では、最後にパートナー回線での注意点と活用術をお伝えします。

パートナー回線エリアは、常に高速モードOFFに

もう一つの回線のパートナー回線エリアは、5GBまで使え、5GB以上利用してしまうと翌月まで1Mbpsの速度制限になってしまいます。

パートナー回線では、5GBという縛りがありますが、

ある方法でパートナー回線も同様にほぼ無制限にできる方法がございます。

常時、高速モードをOFFにすることです。

高速モードをOFFって意味がわかりませんよね。

高速モードをOFFって意味は、「アプリ『my 楽天モバイル』で高速モードをOFFにすること」です。

「アプリ『my 楽天モバイル』で高速モードをOFFにすること」、画面をみながら説明します。

①まずは、『my 楽天モバイル』を立ち上げます。

my 楽天モバイル

②次に、立ち上げた画面で『データ高速モード』が初期状態では、ONの状態となっております。

パートナー回線切り替え

パートナー回線切り替えON

③この赤丸のように、
カーソルを左にするとOFF(灰色だったらオフ【低速】の状態)になります。

パートナー回線切り替え OFF

これを常にOFFにするだけ(灰色だったらオフ【低速】の状態)で、5GBは使わずに、1Mbpsほどで使うことができます。

切り替えに気を付ければ、ギガ数を残せることが可能です。

この点についても、楽天モバイルのHPで回答がされています。

データ高速モードがOFFの場合には、利用可能データ量は消費されません。
出典:楽天モバイル よくある質問 

データ高速モードがOFFの場合には、利用可能データ量は消費されません。」とありますから、

もし、パートナー回線エリアで速い通信速度で行い時には、

灰色だったらオフ【低速】の状態から、カーソルを右にすると、青色オン【高速】の状態とすれば、高速で使うことが出来ます。

パートナー回線切り替えON

参考ですが、パートナー回線エリアで高速モードをOFFの状態での、栃木県内で行ったスピードテストです(2021年4日15日 栃木県内某所)。

屋内の『my 楽天モバイル・『SPEEDTESTの結果

パートナー回線・屋内

パートナー回線 屋内

屋外の『my 楽天モバイル』の結果

低速でも、サイト閲覧、電車の乗換え検索、youtubeの低画質ならば、ストレスがあまり感じることなく利用できるので、この点に注意して使いましょう。

パートナー回線➡常にアプリ『my 楽天モバイル』で高速モードをOFFに注意

これで、楽天モバイルの料金プランや楽天回線、パートナー回線に関しては、理解できたかと思います。

しかし、楽天モバイルは噂通り、建物・地下鉄が弱いのが欠点です。

そのため、当ブログでは、全国各地の電波状況やテザリングとして有効なのかを調べております。

お住いの地域・よく行く地域を確認していただき、検討してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました